新建設時代(建設業の未来を切り開こう!)

建設業が淘汰の時代を迎えています.しかし,建設部門は,社会経済を下支えするためになくてはならないものです.このH.Pを通して新しい建設の時代を,共に築いていきましょう.
<< 建設淘汰の時代を生き抜くには | main | 土木技術は,技術の総合商社 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
土木は経験工学?
土木は,経験工学だ!という言葉をよく耳にします.
 だからといって,本当に,自分が経験してきたことだけに頼った判断を下してもいいのだろうか.そこに落とし穴はないだろうか?
 
 私が,ここ10年間,沖縄の土木技術者に接してきて特に思うことです.
 土木技術というのは,先人が積み重ねてきた経験を,生かして,科学的な理論付けを行い.そして,実用的な技術に換えていくからこそ,技術という言葉がつくのです.
 例えば,基礎地盤を評価するときに,標準貫入試験結果であるN値を用います.このN値も,先人が,地盤を簡単に判断するために,膨大なデータ(経験)に基づいて,評価指標としたものです.

 経験が豊富だから,優秀な土木技術者だと,一概に言ってしまう人がいますが,違うと思います.また,経験をしてきたから,その経験にとらわれてしまって,最良の決断を下せないでいる技術者をよく見かけます.
 
 仕様書や基準書をたよりにすれば,確かにある一定の規格を満足することは,出来るのですが,それ以上のものを造ることは,難しいでしょう.
 
 仕様書や基準書の番人になってしまってはいけません.
 規格にないものを,どう判断するか.どう技術的に解決していくかは,真に経験豊かな土木技術者がなせる技です.
 それこそが,経験工学といわれる土木技術でははないでしょうか.
 
 現在のような複雑化した社会の中で,必ずしも経験に頼った基準書の番人と化した技術者が,問題をうまく解決できるとは,いえなくなってきていることもその一例だといえるでしょう.

 先人が積み重ねてきた技術を,現在のアイテム(ITや機械技術),開発された技術と融合させ,社会に貢献して行くことが,技術者の使命ではないかと考えます.
 そして,こういったことを経験して,後進に伝えていくことが出来る人が,経験工学を身に付けた土木技術者とはいえないでしょうか.

 私も,偉そうなことを書いていますが,仕様書や基準書を盾に,議論をしてくる人たちの頭の硬さに,まだまだ押されているのが現状です.

 もっともっと,土木技術は大きくそして,広いもの,深いものなだと思います.
 そしてその大きさを感じ,我々土木技術者が,社会のため,国民のために,土木技術を築いて行く必要があるのです.

 それでは,また
| - | 15:47 | comments(2) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 15:47 | - | -
コメント
 コメントありがとうございます.
 私も,Nagatumaさんのご意見に同感です.
 
 建設業界は,現状を打破しなければならないと思っています.以前に,「トヨタ生産方式」ついて書かれた本を,数冊読みましたが,なんと建設業界の遅れていること.時差がありすぎます.
逆に,コスト縮減などといって,国民や国が騒ぐ前に,なぜ他の産業がコストを逓減していくことができているのか.研究すべきでした.
これも,バブルのつけのひとつだと思います.
Nagatsumaさんにご意見をいただき,再度「トヨタ生産方式」について勉強し,当H.Pにて意見を述べようと思います.
貴重なアドバイスありがとうございました.

 
| 管理者 | 2005/03/20 11:35 AM |
私は建設技術については素人です。むかし自動車部品の製造に関わったことがあり、コスト管理ではカーメーカーから随分しごかれたことがあります。その比較でいえば、土木の現場(建築も同じですが)のコスト意識のなさは驚くべきものがあります。カーメーカーもデジタル機器メーカーも1秒以下の作業時間短縮をねらって毎日の生産管理をしているというのに、土木の現場の仕事振りはまるで野良仕事ではないでしょうか。土木の専門家からは「お前は土木のことがわからないからそんなことをいうのだ」と何度いわれたか分かりません。でもやはり、時間管理の大切さは知って欲しいと思います。手法は、すでに他の産業でやったものがいくつもあります。「土木は特別」という考え方はぜひやめた方がいいでしょう。
| Nagatsuma | 2005/03/20 9:11 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sakihama.jugem.cc/trackback/10
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/02/15 12:52 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める
図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める (JUGEMレビュー »)
フォトリーディング公認インストラクターズ
RECOMMEND
RECOMMEND
成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
「7つの習慣」を翻訳し,日本に紹介した人です.感情の持ち方から健康法について詳しく述べら得てます.
RECOMMEND
第8の習慣  「効果」から「偉大」へ
第8の習慣 「効果」から「偉大」へ (JUGEMレビュー »)
スティーブン・R・コヴィー, フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社
とうとう「7つの習慣」の続編が出ました.
RECOMMEND
子どもたちへの最高の贈り物「価値観」―子どもたちの幸福と将来のために今あなたにできること
子どもたちへの最高の贈り物「価値観」―子どもたちの幸福と将来のために今あなたにできること (JUGEMレビュー »)
リンダ・アイヤー, リチャード・アイヤー, フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社, フランクリン・コヴィー・ジャパン
子供たちとこの本で,道徳的価値観の勉強を始めました.改めて,道徳や倫理の大切さを感じています.
RECOMMEND
RECOMMEND
7つの習慣―成功には原則があった!
7つの習慣―成功には原則があった! (JUGEMレビュー »)
スティーブン・R. コヴィー,ジェームス スキナー
私の人生観を変えた書.「7つの習慣」を身につけ,これからの人生を価値あるものにしたいと考えています.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE